Googleドライブを使うことで便利なのは
オンラインストレージに自動的に保存されるというところです。

 

このおかげで、パソコンが急にクラッシュしても、
そこまでのデータはオンラインに残りますし、
外出先でもブラウザでGmailを立ち上げさえすれば
続きからファイルの編集が行えます。

 

僕も、このオンラインに自動的に保存されることがとても便利なので、
オフィスを持っていても、Googleドライブを使うこともありますよ。

 

まぁ、それは前回のファイル一覧を見てもらえばわかると思いますけど^^;

 

しかし、常にインターネットにつながっていないと使えないのでは??
という心配もあるかもしれませんね。。。

 

その対策として、Googleドライブには、オフラインモードが存在します。

 

オフラインモードでは、次の操作が可能です。

●「文書」をオフラインで 編集可能

●「プレゼンテーション」をオフラインで編集可能

●「スプレッドシート」をオフラインで閲覧のみ可能

となっています。

 

ま、スプレッドシートだけは編集できないというのは、
ちょっと残念なところ(2014年1月16日現在)ですけど、
将来的なバージョンアップに期待しましょうかね。。。

 

オフラインモードを使うには、ブラウザを グーグルクロームにする必要があります。

なければGoogle Chromeをインストールしておきましょう。
→ http://www.google.co.jp/intl/ja/chrome/browser/

 

では、次の手順に従って、オフラインモードを有効にしましょう。

 

1.Google Chrome を起動する

 

2.Gmailでログイン

 

3.Googleドライブを開く

 

4.ドライブの左メニューの下にある、「ドライブをパソコンに接続」をクリック

 

5.「Googleドライブをダウンロード」する

Screenshot

(▲Windowsの場合は「Windows用のドライブをダウンロード」と表示されますのでご安心を)

 

6.ダウンロードしたファイルでGoogleドライブアプリをインストール

 

インストール後、Googleドライブを起動して、設定を行います。

 

設定が完了した時点で、オンライン上のGoogleドライブにあったファイルが、
手元のパソコンの中にダウンロードされます。

 

この後、編集したものが常に同期されるようになります。

 

7.再びブラウザで Googleドライブを開き、左メニューの「オンライン」をクリック

Cfc7026903babb4e4feadd48b1fe14a6

 

8.画面に現れる「オフラインを有効にする」をクリック

35353948e792b1906a5e2ff2f655663e

 

このあと設定が自動的に行われ、下の表示が出たらセットアップ完了です。

 

6c8d4d800d2a5156ebf752d5ce09c2db

 

この状態で、Googleドライブ内のファイルをダブルクリックすると、
グーグルクロームが起動して、目的のファイルがその上で開きます。

 

Adca2f1971cd98574920e800eb88f841

 

これで、オフラインでもオフィスのように使うことができますね!

Googleドライブのアプリは日々進化してますので、
更新がありましたら、こちらでご紹介しますね!

 

 

 

おすすめの記事