楽天の田中将大投手がまた勝ちましたね!

 

前人未踏の22連勝!開幕18連勝!

 

本当にスゴイですね。爽快です(笑)

 

今後、続けて勝つごとに前人未踏の記録を塗り替えていくのですが、

今、彼が戦っているのは、まさに「自分」

 

前回のように目標となる存在がなくなった状態で、

ともすると安心して記録も途切れてしまいがちなところでも、

キッチリ結果を残す。

 

この精神力がとてつもないなと思います。

 

 

今の安定感は、高校時代を思い出します。

 

高校野球は1度でも負けると終わりの世界。

マー君はその場面で3つの大会を決勝まで勝ち進んできたわけですから、

もしかしたら、今の連勝も初めてではない感覚もあるかもしれないですね。

 

とにかく、高校時代は彼が出ていれば、

かなり安心して見ることができたのを覚えています。

 

マー、なんでマー君の話をするかと言うと、

地元の高校出身だからという簡単な理由もありますけどね(笑)

 

自分の出身地が甲子園で決勝に進むことなんて、

まず考えられなかったですからね。

 

そんな大会が3回も続いて、

まさにその頃から「マー君神の子」だったわけですよ。

 

 

そんな彼も、日本記録保持者として、

トップの地位にいるわけですが、

 

そんな様子を見ながら、

最近の話の中で思ったんですけど、

 

トップって目指さないと取れないんだよな・・・

 

ということ。

 

どうも、自分にはこれが無いらしい。

 

過去を振り返ると、競争で勝とうとしたり、

もちろん優勝を狙ったりするような、

「競争心」がないんだな・・と感じたんです。

 

小学校の時から、なにかの委員をやるにしても、

“副委員長”とか“副会長”とかでしたし、

 

 

スポーツが苦手だったから、

一等賞などはじめから狙わないし、

 

かといって、棄権するわけでもなく、

「参加することに意義がある」

ような意識が自然にあったような気がして。

 

文化系なら最高賞を取ったことがあった気もするものの、

あまり記憶にないということは、

勝つことに対するこだわりが弱いんだと感じます。

 

 

でも本当は、

プライドが高すぎて、

負けるのが嫌すぎて、

初めから戦うことを

避けているのかもしれないですね。

 

そんなことを思いながら、

 

これが突き抜けられない理由なのか・・・

 

そう思ったので、

意識して変えていかないとダメだなと思います。

 

誰かじゃないですが、別に2位でもいいんですけど、

2位になるにも1位を目指さなければなれないんですよね。

 

やはり目指すのはトップであるべきなんです。

 

 

今、とあることで、トップを狙う活動をしています。

そんなに大げさな話ではないのですが、

実現すると、何か違うものが見える気がするので、

とにかく、そこをめざしてみたいと思いますよ^^;

 

 

なんとなーく、重苦しい雰囲気になったところで、

 

最後に 前回のマー君のヒーローインタビューでも!

 

↓ 前回のヒーローインタービュー音声

 

 

おすすめの記事